Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://utsunomiyaokura.blog.fc2.com/tb.php/415-e8cfd77d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

5月10日(土)より

次回上映作品のご案内です


① 『絶品姉妹の秘部めぐり』
 オーピーより今回の作品は⇒渡邊元嗣監督が担当。「〝放課後〟をやりたい」という渡辺監督の一言から出発した一編。「放課後」は栗田ひろみ主演、井上陽水が主題歌(夢の中へ)が歌ったことでも知られる1973年の東宝青春映画で、ラストシーンなんかはソックリ!と、脚本担当の山崎浩治氏。
 主演は、西野翔。元・マスカッツのメンバーです。彼女のキャラクターにはきっと魅了するハズ!共演は、藍山みなみ。ポワーンとした不思議系から、今回は不機嫌なキャラ。そして、安定した演技とエロさに定評のある山口真里がガッチリとガード。大人の女性役ではなく、可愛い(?)女性を熱演!もちろん素敵であるは周知の通りで言うまでもありません。是非ご覧になってみてください。
 

② 『欲望の酒場 濡れ匂う色おんな』
 オーピーより、この作品は⇒池島ゆたか監督が担当。四十路のシンガーは生き別れた娘の所在を知らずに20年のドサ回り生活。ある時ファンの女の子が娘だとわかり・・・ピンク映画史上初の本格歌謡映画です。激中では数曲披露しているが、これが実にイイ!監督自身も、「一人の女優がライブシーンで歌うというのは史上かつてなく、実現させたかったことができた」とのこと。感動ものといえどベタベタではなく、あっさりとクールに流れるように仕上がったという、池島監督渾身の一作です。
 尚、この作品は、第23回ピンク大賞にて作品部門・第2位に選ばれ、主演の佐々木麻由子は女優賞に。また、池島ゆたか Archives 厳選30作品集にも選ばれています。

※この作品に出演の男優さん
 そして、池島監督が・・・
 来る~ぅ!

5月11日(日) 午後5時より
『おコメ男優Zツアー×プチ・舞台挨拶』開催!


③ 『レイプの現場 女が男を・・・』
 エクセスより今回の作品は⇒看護婦見習いのバージン少女が、レイプされた過去を引きずりながら自分の体を武器にして男達に復讐をしていくが、最後に待ち受けるものは…。
 主演は林由美香。スレンダーな肢体で淫靡なラーゲを次々と披露してくれる。濡れた大きな瞳で男を誘い、男なら誰でもソノ気にさせてしまうH度100%の淫乱さ。本編中のレイプシーンも極限ギリギリの世界を演じている、彼女の真に迫った迫力は見せ場の一つでもある。そして、実際に林由美を犯して喜んでいるのではないかと思わせる程、これでもか、これでもかと変態演出を要求しているオンナ監督・珠瑠美。
 他に緑喬子一の瀬まみ碧あやが珠瑠美監督に解剖される。女達の熟く、いやらしい闘いぶりをとくとお楽しみに!





『絶品姉妹の秘部めぐり』
提供:オーピー映画 監督:渡邊元嗣 脚本:山崎浩治

出演:西野翔、藍山みなみ、山口真里
    真田幹也、沖田敬司


≪夫を誘惑する女!それは私の妹だった・・・≫

絶品姉妹1a

絶品姉妹4339a

絶品姉妹4367a

絶品姉妹4369a

【あらすじ】
 高校時代からの大恋愛の末、結婚した慎也と咲子。だが、結婚から6年、夫婦関係は冷めていた。慎也はリストラにあいバイト生活、家系を助けているのはキャリアウーマンの咲子だった。
そんなある日、咲子の妹、美波が上京してきた。それを知らず、咲子の入浴中に慎也が浴室のドアを開けてしまう。慎也は美波の裸体が忘れられず、妄想でオナニーした。翌日、咲子は仕事へ、美波は東京見物に出かけた。慎也は洗濯物の中から美波のセクシーな下着を見つけ、またも妄想に耽る。
咲子は部下の淳と一年前から不倫関係にあった。咲子にとって彼との関係が仕事のやる気に繋がっていた。だが、この日淳は学生時代からの恋人と結婚するからと咲子に別れを告げた。美波は偶然咲子と淳が恋人同士のようにいるところを目撃した。姉夫婦を理想のカップルと思っていた美波は、咲子へ浮気の疑惑をぶつけた…。



『欲望の酒場 濡れ匂う色おんな』
提供:オーピー映画 監督:池島ゆたか 脚本:五代暁子

出演:佐々木麻由子、日高ゆりあ、鈴木メイ、倖田李梨
    野村貴浩、久保田泰也、甲斐太郎、牧村耕次
    竹本泰志、なかみつせいじ


≪リズミカルに揺れる尻、今宵も花弁が開きます≫

欲望の酒場5208a

欲望の酒場5201a

欲望の酒場5299a

欲望の酒場5544a

【あらすじ】 
 とある音楽バー。今日は毎年恒例の斑鳩洋子のウイークエンド・ライブが行われる。洋子のファンであるOLのアスミは恋人の壮介と結婚を考えはじめていたが、両親の顔も知らず、アスミを育ててくれた伯父も最近他界してしまったため、彼の両親に会う事をためらっていた。
洋子の東京での滞在は一ヶ月間。どさ回りの生活であるが、昔は少し売れた時期もあった。そんな彼女には、弟のような存在のマネージャー・高岡がいた。高岡は洋子を尊敬していた。ライブが始まった。中年男性ファンの中にアスミがいた。終了後、アスミは高岡に洋子への花束を渡した。洋子はパトロンの大沢に身体を愛撫されに行った。
ある日、店に評判の良くない芸能関係者の橋本が来た。洋子は高岡と出かけ、ホテルで抱かれる。彼女をさんざん弄んだ後、高岡が紹介した仕事はストリップだった…。



『レイプの現場 女が男を・・・』
提供:エクセス 監督/脚本:珠 瑠美

出演:林由美香、緑 喬子、一の瀬まみ、碧 あや
    牧村耕司、木下雅之、大島 徹、工藤正人
    ゲンゴロウ


≪バージンを<いんらん>に変貌させる連発レイプ≫

レイプの現場1

【あらすじ】
 吉岡由紀子は、高校を出ると、将来看護婦を夢見て、東栄医科大学の付属看護学院へ入学、見習看護婦として病院で研修勤務していた。
そんなある日、万年インターンの桑田順次と杉原に隣接する学院の地下室で輪姦レイプされる。そしてそれを機に看護学校を退学する。
 そして4年。由紀子は才筆を生かしフリーライターに転身しセックスもので頭角を出し売れッ子となる。同時にかつてのレイプされた初体験以来、すっかりセックスの虜となり、編集者その他との複数関係を持ち、また陽子とのレズで同性愛も楽しむ多淫な女に変身していた。或る時は集金に来た新聞少年を誘惑してその童貞を破る程で有った。
 そんな日、兄の海外出張中、兄嫁の不倫を知り、昔自分をレイプしたインターンの桑田が医師になっているのを偶然知って、サディスティックなセックス願望から、自分の見ている前で、桑原に兄嫁綾子をレイプさせる。そしてその残忍なレイプの原稿を関係のある編集者諸口に売り込むが、その時、お茶を運んで来た、少女真理子の美貌と姿想に同性愛レズの心がときめいてしまった。そして、諸口を介して彼女を得ようとしたところ、真理子が退社した事を告げられ、彼女の通う大学を訪れて話し合うが真理子から、由紀子に会ったあの出版社は表向き硬い出版を装いながら、裏でポルノ雑誌などを出しているいかがわしい会社だと。そこで偶然見た原稿の不潔さに、嫌気がさして辞めたと云い、その原稿が由紀子のものと知らず、あんなものを書く人には吐き気を覚える。と迄云われ、これまで抱き続けて来た真理子への恋慕が一気に憎悪に変わり、このバージンを誇るような面を剥ぎ取ってやろうと、サディスティックな炎を燃したのだった…。  
 




上 映 時 間 

『絶品姉妹の秘部めぐり』
日~木
10:45/13:45/16:50/20:00
金・土・祝日前
12:30/15:35/18:45/21:50/0:55/※4:00(土曜のみ)

『欲望の酒場 濡れ匂う色おんな』
日~木
11:45/14:50/17:55
金・土・祝日前
10:30/13:35/16:40/19:50/22:55/1:55

『レイプの現場 女が男を・・・』
日~木
12:45/15:50/19:00
金・土・祝日前
11:30/14:35/17:45/20:50/23:55/3:00

※上映時間、内容は都合により急遽変更することがありますのでご了承ください。

日曜~木曜は21時まで営業中。 
金曜・土曜・祝日前はオールナイトで上映しております  

お問い合わせ、ご質問はお気軽にどうぞ
TEL 028-622-8822

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://utsunomiyaokura.blog.fc2.com/tb.php/415-e8cfd77d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

宇都宮オークラ劇場

Author:宇都宮オークラ劇場
  メンバーズカードは
  宇都宮、上野、横浜
  共通です。

Twitter

Facebook

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。