Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://utsunomiyaokura.blog.fc2.com/tb.php/92-227efe1c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

5月12日からの上映

5月12日(土)からの上映作品をご紹介します。
お誘いあわせのうえご来場よろしくお願いいたします。




寝室の情事 不倫まみれ
提供:オーピー映画、監督:吉行由実、出演:薫桜子、吉行由実、内山沙千佳

寝室3 174okuram00136-9 寝室4174okuram00136-17

寝室 寝室174okuram00136-2

 文芸雑誌の編集者理沙は、学生時代からファンである作家・小山内誠二の担当になることを夢見ている。しかし、小山内はここ十年も新作を発表しておらず、文学界から忘れられた存在だった。理沙は学生時代からの恋人・大野に少し物足りなさを感じていた。
 真面目な会社員である彼とのセックスは、文学で描かれている人を狂わすような快楽とは程遠いものだったからだ。
 ある日、理沙は編集長の麻子に代わって急遽彼女の自宅へ書類を取りに行く。なんとそこには小山内がいた。麻子と小山内は夫婦だったのだ。だが今は冷めた夫婦関係で、小山内は書くことを放棄し、趣味である料理に入れ込むだけの日々。理沙は感激し、名刺を渡して会社へ戻る。
 そして帰宅すると小山内の小説を読み耽りながらオナニーした。後日、小山内から蕎麦を試食して欲しいと理沙に連絡が入る…。




ノーパン若妻 おもちゃで失神
提供:オーピー映画、監督:国沢実、出演:中川原椿、葉月蛍

ノーパン00
ノーパン00 (2) 0ノーパン5
07.jpg ノーパン09 
 五月の夫・誠はフリーライターで仕事柄家を留守にすることが多かった。五月は火照った体を癒すため、一人の夜にはバイブでオナニーに耽っていた。
 料理が不得意な彼女は誠の留守中はインスタント食品ばかりで、それが原因か主婦友達の尚子と一緒の時に倒れてしまう。
 彼女の紹介で有機野菜を扱う近所の八百屋に行く。主人の田中はひどく無愛想だったが、外見とは裏腹に優しく、五月のために野菜ジュースを作ってくれた。五月は田中に好意を抱き始め、翌日もまた八百屋を訪れた。だがシャッターは閉まっており、中ではなんと田中と尚子がセックスの真っ最中だった。 
 その時、田中と目が合う五月。彼は五月と目を合わせたまま、胡瓜を使って尚子を昇天させた。五月は田中のことが頭から離れなくなった。翌日、田中が野菜を配達に来た。そして彼は五月を求め…。




人妻おねだり 前と後ろも・・・
提供:エクセス、監督:新田栄、出演:小山美里、田中真琴、杉原みさと

前と1b-2 前と1b-1

前と1b-3 前と1b-4

 少女時代の亜希子と里香が、占い師に将来の結婚相手がどんな人かをみてもらっている。占い師は、亜希子に告げた。数字の3と8が見える、…と。
 夜勤明けの朋美が八三にまたがっている。昨夜、救急車で担ぎ込まれた膣痙攣の患者の治療をしていて、欲情してしまったのだ。きつくアソコをしめながら、激しく求める朋美に、八三はされるがままだ。
 朝のお勤めを済ませて八三が家を出ると、不動産屋が隣家の売家の看板を外しているところだった。どうやら新しい入居者が決まったらしい。どんな人が引っ越して来るんだろう。期待に胸を膨らませながら出勤して行く八三。
 午後、亜希子が引っ越しの荷解きをしていた。亜希子の夫である正也は、式のあと海外へ出張に行ってしまっている。
 夜、仕事から戻った八三は、朋美が夜勤に出ているのをいいことに、隣の家を気にしながらビールを飲んでいた。チラッと見える奥さんらしき女性は、またもや美人だ。以前のような経験が出来るかも、なんて考えていると自然顔が緩んでくる。と、その時、玄関のベルが鳴った。隣の奥さんが挨拶に来たのだ。ところが、八三は自己紹介した途端に亜希子に平手打ちされてします。まさか、さっき様子を伺っていたのがバレたか!
 家に駆け戻った亜希子は、慌てて里香に電話をかけた。そして開口イチバン、正也と別れると言い出したのである。里香が落ち着くように言って訳を聞けば、遂に運命の3と8の男が現れたと言うではないか。
相手には妻がいるから今更諦めなさい、と里香が説得しても、別れさせてみせると息巻くばかりで…。
???な八三は、お隣さんを怒らせてしまったと思い込み、どうしたらいいか思案していた。と、再び玄関のベルの音、出てみれば果たして亜希子が立っている。ところが、今度はいきなりキスをしてきたのだ。面喰らう八三に、激しく求めて来る亜希子。たじたじの八三もそのまま押し切られて…、昇天。
 「私たちは、こうなる運命にあったのよ」事後、亜希子はそう囁くと、なんと答えていいのか考えあぐねている八三に、2回3回とせがんでくる。そして、とびきりのSEXに、八三もすっかり。『運命』を受け入れてしまうのだった。
 翌日、亜希子は一旦ほどいた荷物を再び元に戻していた。あさってには正也が戻って来てしまう。その前に、運命の人とここを出て行かなければ、一生の幸せを逃すことになる。と、そこへ、里香が現れた。バカなことはやめなさい、と亜希子を説得しょうとする里香。だが、亜希子は聞く耳を持たない。「やっぱり、あの占いは当たってたのよ!」自信満々で言い放つ亜希子に、しかし里香はそれを全く否定出来ないでいた…。
 一方その頃、運命の人・八三は、亜希子の占いを信じて、いそいそと駆け落ちの準備をしていた。
 里香が亜希子を否定出来ない理由は、彼女自身あの占いが当たることを知っていたからだ。彼女はあの時、占い師にこう告げられた。「あなたは、自らの力では一生いい男は見つけられない。あなたは、親友の「恋人や亭主と不倫の関係を持つことになるだろう」。
 その夜、一足先に里香に合う為に出張から戻って来た正也は、里香と密会していた。親友を裏切っていることに対する良心の阿責に責められながらも、正也の囁く「僕たちは、こうなる運命にあったんだよ」という言葉を受け入れてしまう里香。
 その夜遅く、眠っている正也を残して、駆け落ちを明日に控えた亜希子を訪ねた里香は、正也こそが亜希子にとっての本当の運命の人なのだと言う。自分が占いを信じて正也と不倫していることを告白する。全てを知った亜希子は親友の裏切りに怒りをあらわにする。里香は、正也が自分の部屋にいることを告げ、鍵を置いて出て行く。
 里香の部屋へ行った亜希子は、驚き詫びる正也に、もう一度全部最初からやり直そう、と優しく微笑むのだった。「あなたは、私の運命の人なんだから」
 翌日、夜勤の朋美が戻って来る前に家を出た八三は、隣へ行って驚いた。なんと、不動産屋がまた売家の看板を掲げていたのだから。聞けば、昨夜住人は急に引っ越して行ってしまったのだと言う。一体、何が起こつたんだ???
 がっかりと肩を落として家に戻った八三を待ち受けていたのは、夜勤明けの朋美だった。
 「あなた、こんなに早くどこへ行ってたのよ!」
しどもどろの八三は、言い訳する間もなく、ズボンを脱がされ朋美にのしかかられてしまった。




上 映 時 間
5/12(土)~5/18(金)

『寝室の情事 不倫まみれ』
日~木 10:50、13:50、16:55、20:00
金・土  12:40、15:45、18:50、21:55、01:00、04:00(土のみ)


『ノーパン若妻 おもちゃで失神』
日~木 11:50、14:55、18:00
金・土  10:40、13:45、16:50、19:55、23:00、02:00

『人妻おねだり 前と後ろも・・・』
日~木 12:50、15:55、19:00
金・土  11:40、14:45、17:50、20:55、00:00、03:00

金曜・土曜はオールナイト♪
皆様のご来場をお待ちしております
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://utsunomiyaokura.blog.fc2.com/tb.php/92-227efe1c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

宇都宮オークラ劇場

Author:宇都宮オークラ劇場
  メンバーズカードは
  宇都宮、上野、横浜
  共通です。

Twitter

Facebook

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。